以前の記事で、「mixhost」に関心があると書きました。

最近、気になってるレンタルサーバー「mixhost」

先月の末から「mixhost」を使い始めるました。

mixhost

プランはエコノミー。1年払いで、月480円(税抜き)なので、12×480×1.08=6221円。

私が使っているレンタルサーバーの中ではもっとも高価。

引越しは取りあえず2つのWPサイトをやったのですが、DuplicatorもAll-in-One WP Migrationもエラーが出て使えなかったので、手動でやりました。

手順はこちら。

【事前準備】

1、ドメインのネームサーバーを新サーバー用に変更
2、新サーバーにドメインを作る(CPanelならアドオンドメインにて)
新しいドメイン名 www.hoge.com
サブドメイン hoge
ドキュメントルート public_html/www.hoge.com
3、旧サーバーのデータベースのバックアップ
4、旧サーバーのワードプレスをインストールしたサイトのバックアップ
5、データベースの中身
①データベース名を新サーバーのデータベース名に変更
②インストール先を新サーバーのインストール先に変更(ユーザー名の変更に伴う)
6、wp-config.phpの中身を新サーバーに対応したものにものに変更(データベース名、ユーザー名、パスワードなど)

 

【引越し】

1、新サーバーにワードプレスをアップロード
2、旧サーバーにデータベースをインストール
3、ちゃんとサイトが表示するか、ログインできるかを確認



もし、エラーが出てしまったらwp-config.phpを編集してデバッグモードでチェックするといいです。

また、エラーログも参考になるかもしれません。

私は最初、DNSが浸透してなくて、hoge.comで古いサーバーにpingが通り、www.hoge.comでは新しいサーバーにpingが通ってました。

その後、どちらも新サーバーにpingが通りましたが、500エラーが出てしまいました。

原因は、ダウンロードしたサーバーの中身に不足があったためです。

不足してしまったのはは、ファイルの名前が長すぎるとダウンロードに失敗したためです。

で、新しくダウンロードしたらうまくいきました。

ですが、もう1つのウェブサイトは、wp-adminでログインができなくなりました。

結局、原因はバックアップしたデータベースでした。

容量が多かったためか、すべてのデータベースがダウンロードできてないようでした。なので分割してすべてをダウンロードして、上記の手順を踏み再インストールしたらうまくいきました。

ちょっと時間がかかりましたが、いい勉強になりました。めでたしめでたし^^。

Related Post