情報はお金になると言われますよね。

これがどういうことかというと、情報を持っていない弱者は、お金を払うことで、情報強者から情報をもらうんです。

だから、情報がお金になるんです。

例えば、学校の先生が生徒に教えることで、給料の形でお金をもらっていますよね。

これは、情報強者の先生が情報弱者の生徒に教えるからこそ、お金が得られるんです。

もし、生徒の方が先生よりも知識や知恵があるとしたら、先生から教わる必要などありません。

ですから、そういう先生は、お金を得ることができません。

これは、いろいろなことにも当てはまります。

サラリーマンなら、上司は情報強者で、部下は情報弱者です。弁護士は情報強者で、依頼人は情報弱者です。

だから、お金を得ようとするなら、情報強者になる必要があります。

とすると、具体的にどうすればよいか?

・特定の分野で、誰よりも情報強者になること

です。

簡単に言えば、専門家ですね。

そうすれば、お金は得られます。

ただし、どんな専門家でもいいということではなく、

・人々に喜んでもらえること

これが基本にないと、専門家であってもお金を生み出すことは難しいです。

例えば、美容師という仕事は専門職ですが、この仕事は多くの人にとって必要ですよね。

もし、美容師で、誰よりも優秀なら、カリスマ美容師になれて、お金はたくさん得られます。

じゃあ、アフィリエイトの場合はどうでしょうか?

ある分野に特化した情報に強いアフィリエイターなどは、専門家のようなものです。

例えば、脱毛に関するサイトを作っている”女装するアフィリエイター”の方がいるんですが、サイトがものすごい情報量です。

*「女装 脱毛」で検索するとトップに出てくると思います。

サイトは、かなり詳しく脱毛に関して書いてあるんで、脱毛に興味がある方には役立つと思います。アフィリエイト報酬もかなりあるサイトのはずです。

情報を得るためには、常に情報をインプットすることが大事です。

どこからインプットするがですが、

・マスメディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、etc)
・インターネット(サイト、SNS、掲示板、etc)
・人(家族、友人、知人、etc)

この3つが基本となります。

そして、マスメディアやインターネットにある情報も元々は人から発信されています。

ということは、人とのつながりが一番大事になります。

Related Post