「アフィリエイトを実践したけど、なかなか結果がでない」

こういう人は結構、いると思います。

でも、よほど才能がある人か、ラッキーな人じゃないと、これが普通です。

たいていは、最初、うまくいきません。

理由はいろいろありますが、基本的なことがわかってなくて、できていないためです。

何が大事なのかは、このブログでも語っているので、読んでいけばわかると思います。

今回は、うまくいかなかった時の対応について、アドバイスをします。

・うまくいかないから、やめる

これは、ひとつの対応です。

「自分には、才能や実力がないからアフィリエイトをやめる」

「自分は、仕事が忙しいからアフィリエイトをやめる」

「自分には他にやりたいことがあるからアフィリエイトをやめる」

etc

いろいろな理由がありますね。

でも、やめてしまうと、必ず失敗したことになります(笑)。

当たり前ですよね。

ですが、やめなければ、失敗したことにはなりません。

未来にどうなるかわかりませんから。

アフィリエイトで失敗する人は、何かにつけて理由づけをして自分を正当化しようとします。

「~だから、アフィリエイトがうまくできない」と。

上記の例でいくと、

才能や実力なんてなくても、アフィリエイトで成功している人はいます。継続していアフィリエイトを続けることで、だんだんアフィリエイトのコツがわかってくることで、才能不足を補っているんです。

仕事が忙しくてもアフィリエイトで成功している人はいます。帰宅後や休みのに日にサイトを作ったり、通勤の合間に記事を考えたり、1日の隙間時間を有効利用して、アフィリエイトを実践しているんです。

他にやりたいことがあってもアフィリエイトをやっている人はいます。やりたいことだけで、お金が十分に得られるのならそれでもいいでしょうが、現実的に好きなことだけで食べていけないこともありますから。

このように、うまくいかないからやめるというのは、本気で成功しようと思っていないために出てくる言い訳に過ぎません。

ですので、もしうまくいかないと思って、やめたくなった時、それが、自分の弱さから来ているのかどうかを見極めてください。

嫌な感情を味わいたくないという逃げの意識でいるなら、ここは、頑張りどころです。

でも、むやみに頑張るだけじゃだめなんです。

実際にとことん、売るために何が足りないかを考えて、いろいろ試してみてください。

行動すれば、その行動に対して何らかの結果が出るので、その結果を見て、またどうすればよいかを考えて、行動していきます。

結局、どれだけあきらめずに、続けることができるかが、実践してうまくいくかいかないかの分かれ目になります。

そして、実は、実践してうまくいったあと、これの方がさらに難しくなります。

それは、ずっと稼ぎ続けることです。

これは、スーパーアフィリエイターと呼ばれる人でも同じことです。

ただ、突き抜けてしまうと、アフィリエイトという枠では収まらなくなりますが(笑)。

Related Post