アフィリエイトをウェブサイトとブログでするのにはどのような違いがあるのでしょうか?

そもそも、ウェブサイトであろうがブログであろうが、グーグルの検索エンジンから見るとデータの羅列であることには、変わりありません。

ですから、基本的に区別はありません。

しかし、実際にアフィリエイトをやっていると、違いがあるように思えます。

よくある質問に

「アフィリエイトをする場合には、ウェブサイトがよいのか、それともブログがよいのか?」

というものです。

これについては、基本的には

「どちらでもよい」

と言う答えになります。

質問する人の意図としては、「どちらのほうがより順位を上げやすいか?」ということを知りたいのだと思いますが、順位が上げやすいのが、どちらとも言えないからです。

試しにキーワードを検索窓に入れて、調べてみるといいでしょう。

また、検索エンジンのアルゴリズムの変化により、ウェブサイトが強かったり、ブログが強かったりします。

ですので、アフィリエイターとしては、両方のサイトを作るのがベターかと思います。

一般に企業のサイトなどは、CMSを使っているものが多くなっています。CMSとは、Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)のことで、PHPなどを使ったプログラムでできたシステムのことです。ブログは基本的にCMSの一種です。

大手の企業だと、純粋にHTMLだけでサイトを作ることはなくなってきています。なぜかというとCMSの方がフレキシブルにいろいろなことができるからです。ただし、プログラムなので複雑になりがちですが。

話しがずれましたが、ウェブサイトとブログの違いは、

・ウェブサイトは、HTMLという言語で作られている
・ブログはPHPなどのプログラム言語で作られている

になります。

PHPだと、HTMLも表現できるので、応用範囲が広いと言えます。ただし、HTMLでもJavaScriptなどのプログラムも実行できるので、どちらも表現力は高いです。

アフィリエイトをするというスタンスで、どちらを選べばよいかですが、旬な情報を提供するようなサイトならブログを選び、固定かされた情報を提供するようなサイトならウェブサイトを選ぶとよいかと思います。

基本的にブログは更新しないとサイトとして評価が落ちますが、ウェブサイトは更新頻度が低くても評価はあまり落ちません。

このような特性を理解して、どちらをアフィリエイトで使うかを選ぶといいでしょうね。