アフィリエイトするためには、何らかの媒体が必要です。

その媒体によって、アフィリエイトの種類を分けると、

アフィリエイトの種類

  1. ブログアフィリエイト
  2. ウェブサイトアフィリエイト
  3. メルマガアフィリエイト
  4. ツイッターアフィリエイト
  5. フェイスブックアフィリエイト
  6. 動画アフィリエイト
  7. スマホアプリアフィリエイト

のように分けることができます。

    *媒体を増やせば、さらに種類は増えます。

1のブログアフィリエイトは、ブログを利用したアフィリエイトです。

ブログとはホームページよりも敷居が低く、日記のように文章をかけば、インターネットサイトができてしまう媒体です。

ブログは無料のものもありますし、自分でサーバーを借りて、インストールしてしまうこともできます。

2のウェブサイトアフィリエイトは、ウェブサイト(HTMLで書く)を利用したアフィリエイトです。いわゆるホームページのことです。

ホームページもブログ同様に、無料でも作れるし、自分でサーバーを借りて、そこにホームページを作ることもできます。

3のメルマガアフィリエイトは、メールマガジンを発行して、そのメールマガジンにアフィリエイトリンクを貼ってアフィリエイトをする方法です。

読者数が多ければとても効果が高い手法で、ブログやウェブサイトによりアフィリエイト違い、グーグルなどの検索エンジンに依存しないで、アフィリエイトができます。

4のツイッターアフィリエイトも、3のメルマガアフィリエイトに似ています。フォロワー数が多いほど、アフィリエイトでうまくいく可能性があります。しかし、3のメルマガアフィリエイトよりも収益は下がります。

5のフェイスブックアフィリエイトはフェイスブックを利用したアフィリエイトです。フェイスブックで友達を多くつくり、そこでアフィリエイトをしかけます。フェイスブックの場合は、単にアフィリエイトだけではなく、ビジネスとして利用することができます。

6の動画アフィリエイトは、ユーチューブなどの動画を利用したアフィリエイトです。動画で商品やサービスの紹介をして、リンク先にアフィリエイトリンクを貼ります。こちらも、単にアフィリエイトだけでなく、セミナー開催などにも利用できます。

7のスマホアプリアフィリエイトはスマホのアプリを利用したアフィリエイトです。スマホのアプリを実行した時に、アフィリエイトリンクを貼っておいて、そこからの収益を得ます。こちらの方法は今後さらに普及して行くはずです。

とにかく、人とつながっている媒体を利用すれば、アフィリエイトができてしまいます。

ですから、工夫次第では、簡単にアフィリエイトで収入を得ることも可能になります。