「アフィリエイトサイトだとグーグルの順位が上がらない」

このような噂を耳にしたことはないでしょうか?

確かにアフィリエイトはグーグルに嫌われているかなと、感じることがあります。

ですが、果たして本当でしょうか。

グーグルのアフィリエイトサイトに対する考え方はこちらを見るとわかります。

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成するようアドバイスしています。

特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。一般的に、アフィリエイトのウェブサイトでは、同じアフィリエイト ネットワークに参加する他の多くのサイトにも掲載されている商品説明を掲載しています。

その結果、アフィリエイト ネットワークのコンテンツを中心に扱っているサイトは、他のサイトのコンテンツと差別化できる程度に十分な独自性のあるコンテンツを持たないため、Google 検索結果でのランキングが低くなることがあります。

Google では、純粋な、つまりいわゆる「内容の薄い」アフィリエイト サイトは、何百ものアフィリエイトにコンテンツを配信するプログラムの一部であるときは特に、ウェブ ユーザーに付加価値を提供することはないと考えています。

そのようなサイトは多くの場合、大量生産のサイト、つまり独自コンテンツのないテンプレートのように見えます。検索結果ページにこのようなすべて同じコンテンツのサイトが複数表示されることも起こり得るため、このような内容の薄いアフィリエイト サイトはユーザーの利便性を妨げることになります。

内容の薄いアフィリエイト サイトの例としては、次のようなものが挙げられます:

・商品アフィリエイト リンクを含むページで、商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの。

アフィリエイト プログラムに参加しているサイトが必ずしもすべて内容の薄いアフィリエイト サイトであるわけではありません。たとえば、独自の商品レビュー、評価、商品比較などを行って付加価値を提供している良質なアフィリエイト サイトもあります。アフィリエイト プログラムに参加しているサイトを差別化してランキングを高めるために次のような方法が役立ちます。

・サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する。

・ユーザーが元の販売者のサイトに直接アクセスせずにこのサイトにアクセスしようとする理由を考える。元の販売者が提供しているコンテンツを転載するだけでなく実質的な付加価値を提供するサイトにします。

・アフィリエイト プログラムを選択する際、サイトの対象ユーザーに適した商品のカテゴリを選択する。サイトのコンテンツに合ったアフィリエイト プログラムを選択することで、サイトの付加価値が高まり、Google の検索結果でのランキングが高くなり、アフィリエイト プログラムから収益を得られる可能性が高くなります。たとえば、アルプスのハイキングに関するサイトには、事務用品ではなくハイキング関連書籍の販売業者との提携が適しています。

・ウェブサイトでユーザーのコミュニティを形成する。熱心な読者の獲得に役立ち、サイトのテーマに関する情報が集まる場を作ることができます。たとえば、ディスカッション フォーラム、ユーザー レビュー、ブログなどでユーザーに独自のコンテンツと付加価値を提供できます。

・常に最新で関連性の高いコンテンツを提供する。テーマに一貫性のある最新の情報を提供すると、コンテンツを Googlebot がクロールし、ユーザーがクリックする可能性が高まります。

他と同じようなコンテンツで構成されている純粋なアフィリエイト サイトは、Google 検索結果で上位に表示される可能性は低く、検索エンジンから低く評価される可能性があります。関連性が高い独自のコンテンツを提供すれば、ユーザーに価値を提供し、サイトを他のアフィリエイト サイトと差別化することができるため、サイトが Google 検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。

これを見ると、アフィリエイトであることが必ずしもグーグルからのの評価を下げるとは言えないようです。

ただ、これは実際に試してみないとわからないことでは、ありますがw。

特に手動でペナルティーを課すような場合、どうしても担当者により差が出るかと思います。

ただ、ユーザーに役立つオリジナリティーがあるサイトなら品質は低くならないので、グーグルからは嫌われないのでしょう。

グーグルによるサイトの評価は、ほぼプログラムが行っています。

ですからそこには、論理的思考しかありません。つまり、人間のように「好き嫌い」で判断するってことはないんです。

だとすると、比較的単純だと考えられます。

たとえば、サイトに使っている記事のうちの半分以上が、他のサイトと全く同じ内容だとしたら明らかに品質が低いサイトと見なされるでしょう。

また、自分のサイト内で同じ記事が2つあったら、やはり品質が低いと評価されるはずです。

大事なのは、

「オリジナルな内容で、人に価値を与えること」

です。

これって、簡単なようで難しかったりしますが、まずは、自分自身が価値があると思うような情報を提供していくのが基本だと思います。

 

Related Post