ウェブサイトアフィリエイトとはいわゆるホームページと言われるものです。

HTML(HyperText Markup Language)、ハイパーテキストマークアップランゲージという言語を使うことでホームページを作っていきます。

ウェブサイトは一般にサイトと言われて、サイトアフィリエイトと言ったら一般に、HTMLを使ったサイトのアフィリエイトという意味になります。

ブログで作ったサイトもウェブサイトですが、ブログはHTMLを直接的には使用していません。たいていは、PHPなどのプログラム言語を使ってできています。

最初に難しい言葉を使ったので、「ウェブサイトを作るのは難しい」と思ったかもしれません。

確かにブログよりは敷居が高いかもしれません。

ですが、最近では、あまりHTML言語の知識を知らなくても、サイトを作ることができるよなツールがありますので、心配することはありません。

しかし、HTMLについての知識があったほうがよいのは確かです。ツールがあるから大丈夫だと過信してはいけません。ツールはあくまでも、ウェブサイトを作るのをサポートする道具に過ぎないからです。

なので、HTMLの知識も身につけるように意識はしておきましょう。

最低限覚えておきたいのは、HTMLの構造です。


このように<xxx>と</xxx>入れ子の構造になっています。

入れ子のことをタグと呼んでいます。このタグで文字や画像などを囲むことで、いろいろな意味を持たせて、見た目に変化を起こします。

HTMLを学ぶためには、ウェブサイトを利用してもいいし、本などを買ってもよいでしょう。

例えば、”HTML 学習”などのキーワードで検索すれば、学べるサイトが見つかります。

HTML入門

とほほのWWW入門