ツイッター用のプラグインはいくつかります。

Simple TwitterとかTweetilyとかWordPress.comのTwitterとか。

でも使っているうちに動かなくなったりします。

たぶん、使い方のせいもあるしバージョンが変わって動かなくなったり、いろいろな原因があると思います。

私はそんな時には新しい別のツイッタ用プラグインを使います。

動かなくなるのを動くようにするのは手間がかかることが多いためです。

今回、あるブログでツイッターが動かくなったので、新しく「WP to Twitter」をインストールして使えるようにしました。

インストールの手順は、

1、プラグインを新しく追加で、「WP to Twitter」を検索してインストールし、有効にする
2、ツイッターをアプリケーション登録して、API Key、API Secret、Access token、Access token secretを設定する
3、ツイッターと連携する場合の設定を行う

以上です。

1は、簡単なので省略します。

2は、https://apps.twitter.com/に行き、新しくアプリを追加します。Create New Appボタンを押して、Application detailsを設定します。

・Name  適当でOK
・Description 適当でOK
・Website  ブログのURL
・Callback URL  ブログのURL

Yes,I agreeボタンを押して、アプリを作成します。

上の方にあるAPI Keysタブを押すと下記のように表示されるので、この中の項目からPI Key、API Secret、Access token、Access token secretをWP to Twitterの設定にコピペします。

3は、好みでいろいろ変えてみてください。投稿する時にタイトルやURLやブログ名を表示したり、言葉を追加することができます。

また、短縮URLを利用することも可能です。

一度、テスト投稿してどのような表示になるかは確認してみてください。