ドメインに関わる機関や会社は3つあります。

それは、

レジストリ(Registry)
レジストラ(Registrar)
リセラー(Reseller)

です。

レジストリは、ドメインの登録申請を受け付けてそれを管理する団体の総称です。仕事としてはトップレベルドメインの運営、管理、システムの整備やDNS運用などをしています。

レジストラは、ICANNと契約をしているドメイン登録会社です。ドメインの登録はレジストラを経由して登録をする必要があります。

リセラーは、ドメイン代理販売会社です。レジストラを経由してドメインの登録を代理店の役目を担っています。一般には、リセラーを通して、ドメインを購入することがほとんどです。

*ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers アイキャン)はIPアドレスやドメイン名の世界的な調整や管理をしている民間法人です

例えば、ドメイン販売をしているお名前.comはレジストラですし、FC2ドメインはリセラーです。

基本的に、アフィリエイターが購入するのは、レジストラかリセラーからということになります。レジストリの場合は個人ではなく、会社が販売相手であることが多いようです。