アフィリエイトをする時にアクセス解析はとても大事です。

アクセス解析する内容としては、

・アクセス数
・アクセスキーワード
・リンクのクリック数
・滞在時間
・etc

アクセス解析する方法としては、リサーチアルチザンライト以外にもいろいろありますが、いずれの方法でもアクセス解析用のコードを設置する必要があります。

WordPressの場合たいていは、テーマファイルの中にアクセス解析コードを組み込むと思います。

場所としては、bodyの最後とか最初とか途中とか、まあどこでもOKです。

ですが、このやり方の欠点は、テーマが更新されてしまうとアクセス解析コードがなくなってしまうことです。

ですので、今回、あるプラグインを導入してそれを回避する方法をお伝えします。

利用するプラグインは、「Header and Footer」です。

このブラグインは、ヘッダーやフッターにアクセス解析コードなどのタグを自由に入れることができるプラグインです。ただ、入れるコードはアクセス解析でなくても自由に入れられるので、工夫すれば面白い使い方もできるはずです。

インストールは、新規プラグインの追加から「Header and Footer」を検索してインストールボタンを押すだけです。

使い方ですが、Page head and footerにリサーチアルチザンライトのアクセス解析コードを入れるだけでOKです。

これで今後、テーマのアップデートをしても解析コードを新たに追加する必要はなくなりました。

ちょっとしたひと手間ですが、これによりのちのちの作業が楽になります。

参考サイト(感謝)

【WordPress】Header and Footer プラグイン – ヘッダー部分(header.php)を編集なしでカスタマイズ(コード追加)できます

Related Post