当たり前ですが、

「人は欲求を満たすためにお金を払う」

ものです。

「お腹がすいた。だから何かを食べたい。」

こう思っている人に、何か食べ物を売れば売れます。お腹がいっぱいになればいいと思ってる人だから、食べ物なら何でもいいんです。

「お腹がすいた。だからラーメンを食べたい。」

こう思っている人に、ラーメンを売れば売れます。単にお腹がいっぱいになればいいと思ってなくて、ラーメンが食べたいのですからラーメンを売れば売れます。

アフィリエイトもやっていることはこれと同じです。

検索されるキーワードを元に検索者の欲求を満たすようなものを売れば、お金を払って買ってくれるんです。

ただし、検索キーワードだけで、欲求がすべてわかるわけじゃないです。

なので、複数のパターンを想定して売るわけです。

例えば、先ほどのラーメンの例で言えば、

「ラーメン 通販」

というキーワードで検索した人は、

「通販でラーメンを購入したい」

という欲求があると考えられます。

*他の欲求も考えられますが、たぶんそれは少数だと思います。

でも、どんなラーメンを食べたいのかわかりません。

インスタントなのか?

生麺タイプなのか?

とんこつ味なのか?醤油か、それとも味噌か?

味は何でもいいが、美味いものがいいのか?

それとも値段が安ければいいのか?

なので、考えられる欲求を満たすようなものを紹介するようにします。

ただ、そういう商品を扱ってない場合は紹介はできません。

ですから、紹介できる商品を紹介していきます。

繁盛店が作った本格的なインスタントラーメンが紹介できるなら、

「ラーメン 通販 人気」

とか

「インスタントラーメン 人気」

など、売りたいものを買う人が検索するであろうキーワードで売るようにします。

間違っても、売ろうとしている商品と関係ないキーワード(例えば、アクセスがあるビッグキーワード)は使ってはダメです。

大事なのは、

検索した人の欲求を知ること。そして、その欲求を満たすものを与えること。

です。

Related Post