最初は、ブログやサイト用の記事を自分で書くと思います。

これって当たり前なんですが、実は稼げるようになっている人や稼いでいる人は、だんだんと記事を書かなくなります。

もちろん、まったく書かないってことはないと思いますが、自分以外でもできることは他人にお金を払ってやってもらうのです。

だから、記事などは外注へ依頼をします。

外注に記事を依頼すると、その分自分の時間が増えますから、自分は、その他の部分に力を注ぐことができます。

「外注?お金がかかるんで自分でやりたい」

こう思うかもしれません。

確かに稼げてない時には自分でやったほうがいいと思います。これは、費用がかかるというよりも自分の学びのためです。自分で記事を書いてみて、どういう記事をかけばいいのかがわかるまでは自分で書き、わかってきたらそれを踏まえて記事を書いてもらうのです。

ですが、稼げるようになってきたら外注に記事を書いてもらうほうがいいです。

なぜなら、費用対効果が高いからです。

自分ひとりで記事を書いて作れるサイト数と他人の力を借りて作れるサイト数は何倍も違ってきます。

外注費用を出したとしても、十分にペイするんです。

だから、稼げてきてから大事なのは、

・よい外注を見つけること
・外注に適切に指示をし教育をすること
・外注の作業結果を見極める力

です。

これってサラリーマンで言えば、管理職とか指導者の身につけるべき能力です。

なので、サラリーマンでそういう立場にいる人や経験がある人は、外注を使ってアフィリエイトで利益を出せる素養があると思います。

逆に、お金を出すのが嫌で外注を使わずに自分だけで何もかもやろうとすると、いつまで経っても労働集約タイプの稼ぎ方しかできないので、「労すれど得るもの少なし」になり兼ねません。

よく言われることですが、ある程度の投資をしないとリターンはかえってこないんです。

ただし、アフィリエイトほど投資が少ないビジネスはあまりないと思います。

たとえば、稼ぎやすいと言われるせどり。これってアフィリエイトよりも投資額が増えてしまうと思います。しかも在庫リスクもありますし。

アドセンスはSEOアフィリエイトに比べて投資額は少ないですが、リターンも少ないです。もし、リターンを増やしたいなら記事を外注すればいいです。

10万円かけて、アドセンスで月に1万円稼げるサイトを作れたら、十分にペイします。

こういう考え方をしないと、稼ぎは増えずらくなります。

Related Post