アフィリエイトサイトにはいろいろな人が訪れます。

この時、買う気がない人にアフィリエイトリンクをクリックしてもらい、買ってもらうことはとても難しいです。

なぜなら、買う気がないのですから、アフィリエイトリンクを押そうとは思わないからです。

逆に、買う気がある人ならアフィリエイトリンクを押して、買ってもらうことがとても楽です。

なぜなら、買う気満々なので、早く商品やサービスを買って早く手に入れたいと思うからです。

買う気があるのかないのかは、検索するキーワードによってわかります。

例えば、酵素ドリンクのダイエットサイトを作ったとします。

”酵素ドリンク 効果”というキーワードでサイトを訪れる人は買う気はあまりありません。

酵素ドリンクは実際にどの程度効果があるのかを調べているだけだからです。

”〇〇酵素ドリンク 価格”というキーワードでサイトを訪れる人は買う気満々です。実際に購入したいからこそ、特定の酵素ドリンクの価格がどれぐらいかを調べているのです。

アフィリエイトサイトを作る場合は、実際に買いたいと思っている人が検索するであろうキーワードを意識してサイトを作る方が効果は出やすいです。ですから、

「〇〇酵素ドリンクをお得な価格で購入する方法」

というようなタイトルなら実際に〇〇酵素ドリンクを購入したい人には、魅力的なサイトになります。

「酵素ドリンクは最も効果があるのはどれか?」

というようなタイトルなら、もっとも効果が期待できる酵素ドリンクがどれかを探している人には、魅力的なサイトとなります。ただし、このようなキーワードで検索する人に商品を買ってもらうためには、どの酵素ドリンクが効果が高いかをしっかり説明してわかってもらう必要があります。そのため、サイト作りのためにしっかり調べて、説得力がある文章を書く必要があるので、時間と手間がかかるし、スキルも必要です。

アフィリエイト初心者のうちは、なるべく商品を絞り込んでいって、買う気満々の人に売るためのサイトを作るようにするといいです。その方が楽ですから。

私は最初から、商品をあまり買う気がない人に売ろうとしたので、なかなか売れませんでした。

そして、売れないとモチベーションが下がり、ますます売れないサイトばかりを作っていました。

今なら、買いたい人に売ればいいとわかっているのですが、当時はそれがわかってなかったんです。

これから、アフィリエイトをはじめるなら、買いたいと思っている人に売るためのサイトを作ることをおすすめします。

その方が成果は早くでるのでモチベーション維持につながり、アフィリエイトを継続するのが楽しくなるはずです。

そして、そのようなサイト作りに慣れてきて成果が出るようになったら、買う気があまりない人や買う気があるが、どれを選んでよいかわからない人を説得できるようなサイトを作るようにしたらいいでしょう。

このような手順を追って、サイトを作ると商品やサービスを売るコツがだんだんとわかってきます。