「魅力ある記事が書くにはどうしたらいいのか?」

この答えはひとつじゃないです。

なぜなら、魅力的とは人によって違うからです。

ですが、魅力的な記事というのにはいくつか特長があります。

それは、

1、オリジナリティがあること

2、流行りもの&話題のもの
3、詳しいもの
4、リアリティが感じられるもの
5、共感できるもの

です。

まず1です。

人は、どこかで聞いたり、見たりしたようなものは興味はあまり持ちません。知らなかったりわからないことの方が興味が湧くんです。ですから、オリジナリティがあることが大事。

そして2。流行っているものとか今話題のもの。こちらは、短期間ですが、アクセスが集中します。例えば、地震があると、地震というキーワードでの検索が急激に増えます。そして、時間が経過すると共にアクセスは急激に落ちます。

次に3。詳しい情報が知りたいということがありますよね。でもたいてい情報は薄っぺらいサイトが多いです。なので、ある特定の分野であっても、詳しく情報が書かれていると、アクセスが見込めます。

次に4。例えば、リアルに旅で泊まった宿の料理の話しが書いてあると、ぜひ食べてみたいと思ったりしますよね。リアル感はイメージが掻き立てられて、欲求が拡大するんです。

最後に5。共感できると、行動したくなることがありますよね。例えば、難民キャンプで食べ物に困っている小さな子供の映像なんか流れると、寄付をしたくなったりします。これは、こう思うのは、共感できるからこそです。

このように、1~5のいずれかもしくはいくつかを記事に盛り込むことができれば、魅力ある記事になるかと思います。

どうやって、こういう記事を書く力を身につけるかですが、これは、

・書いて書いて書きまくること、そして魅力的な文章を読んで読んで読みまくること

これに尽きると思います。

だから、魅力ある記事を書けるまでになるのは、時間はかかるかもしれません。

また、才能もあります。いわゆる文才というやつです。

ただ、アフィリエイターは文学作品を書くわけじゃないので、才能の部分は作家になるよりは、少なくてもよいと思います。

慣れることが、一番の才能かもしれません。