今後のサテライトサイト作成にIP分散が必要な理由

アフィリエイトの世界もだんだん厳しくなってきてます。

特にパンダアップデートとペンギンアップデートの影響が大きくて、過去に稼いでいたサイトが稼げなくなてっています。

ちなみに、パンダアップデートとは、

「Googleの検索結果の品質を高めるための検索アルゴリズムアップデート」

のことです。

つまり、低品質な内容のサイトは上位に表示させないということです。以前は、低品質であっても被リンクがたくさんあると上位表示されていました。

ペンギンアップデートとは、

「Googleの検索結果スパムやGoogleのガイドラインに反して故意に順位を上げようとすることを排除するためのアルゴリズムアップデート」

ことです。

検索結果スパムは、検索エンジンに影響を与えるようなスパムです。例えば、隠しテキストや隠しリンクなどがこれに当たります。

また、故意に順位を上げることは、過剰な外部被リンクなどのことです。

アフィリエイトでは、作ったアフィリエイトサイトの順位を上げることを目的としているので、パンダアップデートやペンギンアップデートの影響を特に受けやすいと言えます。

さて、このような状況において今後のアフィリエイトにおいて大事なことは、2点です。

1、メインサイトに質の向上
2、サテライトサイトの質の向上

です。

メインサイトとは、アフィリエイトリンクを貼るサイトです。メインサイトの品質は低いと、順位が上がりません。ですから、品質を上げることが必要です。

サテライトサイトとは、メインサイトに外部リンクを送るためのサイトです。サテライトサイトも低品質だとダメで品質を上げる必要があります。また、サテライトサイトから過剰にリンクを送ることはスパムと判定されてペナルティーを受けます。ですから、これにも注意をしないといけません。

今後のアフィリエイトでは、コンテンツ重視なのは間違いありませんが、かといって、被リンクを全くなしでは上位表示することは困難です。

ですから、サテライトサイトはやはり必要です。ある意味、サテライトサイト次第で順位が決まるとも言えます。

サテライトサイト作りに使用するサーバーですが、以下のことに注意をする必要があります。それは、

1、ドメイン分散
2、IP分散
3、レジストラ分散
4、ネームサーバー分散

1は、今となっては常識です。同じドメインからばかり被リンクを送ればこれは、スパムと認定される可能性は高くなります。

3と4のレジストラ分散とネームサーバー分散ですが、現時点ではここまで分散する必要はないと考えられますが、今後もさらに厳しくなることも考えるので頭の隅には置いておいたほうがよいでしょう。

そして、2のIP分散。実は、今は、これをやるのが必要だと考えられています。例えば、ドメイン分散をしても、同じIPアドレスからの被リンクだけしかなかったら、明らかにおかしいですよね。スパムと認定される可能性が高くなります。

被リンクしているサイトのIPアドレスをグーグルが見ているかどうかは、はっきりしませんが、見ていると思ってサテライトサイト作成をしておくほうがリスクヘッジの意味でも無難です。

IP分散するためのサーバーは、何を使うのがいいか?

IP分散サーバーするには、2つの方法があります。

1、複数のサーバーを借りてIPを分散する
2、IP分散サーバーを利用する

1は、理想的ですが、複数のサーバーを借りる必要があるためにコストが高くなり、管理が面倒になります。

2のIP分散サーバーは、1つの契約で複数のIPアドレスを使えるサーバーです。コストは1に比べると安くなりますし、管理がしやすいです。ただし、IP分散サーバーに問題があると、すべてのサテライトサイトに問題が生じてしまうというリスクはります。

総合的に考えると、サテライトサイトを作る場合には、2を選ぶのがよいですが、IP分散サーバーは結構、値段がかかります。

例えば、100個のIPに分散されたサーバーの値段を調べてみると、

A社:100IPで、9万円/月、1IP当たり、約900円
B社:100IPで、1.5万円/月、1IP当たり、150円
C社:100IPで、1.5万円~/月、1IP当たり、150円~

です。

月に1.5万円ほどです。

稼いでいるアフィリエイターなら、なんとかなるでしょうが、まだ稼ぎがなかったり、少ない場合には、「値段が高い」と思うのではないでしょうか?

できれば、もっと安くてIP分散ができるサーバーがいいですよね。

実は、IP分散サーバーなのにもっと低コストでおすすめのサーバーがあるのです。

それは株式会社KDDIウェブコミュニケーションズCPI レンタルサーバーです。

CPIレンタルサーバーは、実はIP分散サーバーなんです。

一般的なレンタルサーバーと同じように、複数の人がシェアをしてサーバーを使う共有サーバーなのですが、

1ドメイン=1IPアドレス

になってます。

通常のレンタルサーバーを借りると、

マルチドメイン=1IPアドレス

です。

CPIレンタルサーバーは、ドメインごとにIP分散されるのですが、スペック上でIP分散サーバーとしてうたわれていません。

それは、なぜか?

いわゆるIP分散サーバーでは、クラスC分散されています。ですが、CPIレンタルサーバーでは、クラスCとは限りません。ですが、クラスCになる可能性もあります。どういうことかというと、IPアドレスの割り当てがあり、利用する人が増えると、IPアドレスはどんどん変わっていきます。そして、数が増えていくとクラスC分散のIPアドレスになることがあるんです。

つまり、CPIレンタルサーバーは、

「IPアドレスはドメインごとに分散されるが、クラスC分散されるかどうかはわからない」

ということです。

ただし、CPIレンタルサーバーは、ディスク容量もドメイン数も無制限に使うことができます(これは、アフィリエイターにとってはありがたいですね。サイトはたくさん作りますから)。

ですから、たくさんのドメインを長期に使えば、当然、クラスC分散になっていくことになります。

肝心の値段ですが、12か月契約なら1か月で3800円(税抜き)なので、年間で

12×3800×1.08=49248円(税込み)

がサーバー費用としてかかります。月額にすると、4104円(税込み)です。

これって、かなり魅力的な価格ですよね。

先ほどの、一般的なIP分散サーバーの1/3以下のコストです。

しかも、使えば使うほど1IP当たりのコストは下がっていきます。これはかなりすごいことです。

CPIレンタルサーバーの共用サーバーについて

こちらは、CPIレンタルサーバーの共用サーバーACE01のスペックです。

また、この他に以下のような特長があります。

・電話&メールサポート
・テストサーバー装備(スマートリリース)
・他サーバーからの移転作業が無料(ただしメインドメインのみ)
・データの自動バックアップ
・24時間365日のサーバーの有人監視

電話サポートがあるのはいいですよね。多くのレンタルサーバーは、メールサポートや掲示板サポートのみですから。

特に、あまりサーバーに詳しくない人にはありがたいと思います。

テストサーバーは、テストができるサーバーのことです。

例えば、ワードプレスなどのアップデート。

アップデートして、トラブルが発生することがありますよね。

ですが、CPIならテストサーバーで事前に不具合がないかを調べることができます。

テストサーバーで、ワードプレスをアップデートして、チェックができるのです。

もし、チェックしてトラブルが生じるならアップデートを中止すればいいので、トラブルを回避できるんです。

これは、他のレンタルサーバーにはない機能だと思います。

また、他サーバーからの移転も無料でできます。サーバー移転は面倒ですが、これを無料でやってもらえるのは楽ですね。ただし、複数ドメインがある場合には、メインドメインだけです。

そして、データのバックアップを自動でやってくれます。データはバックアップが大事だとわかっていてもつい忘れがちですよね。でも、CPIサーバーなら自動でバックアップしてくれるので、万一の時にも安心です。

最後に、24時間365日のサーバーの有人監視。サーバーって夜中に突然、動かなくなったりしますが、CPIサーバーは、常に人の目で監視しているので、トラブルがあった時に迅速に対応ができます。

さて、どうでしょうか?

ここまで読んだいただいた方は、すぐに契約したくなったかもしれませんね(笑)。

最後にアフィリエイターにおすすめのポイントをまとめてみます。

1、IPアドレスが分散されるのでサテライトサイト作成に利用できる

2、容量もマルチドメインも無制限なので、サテライトだけでなくメインサイト用としても十分使える

3、年間契約で、コストは、月に4104円(税込み)、1年で49248円(税込み)と格安

4、電話とメールサポートの両方が利用できるので、サーバーが苦手でも安心

5、テストサーバーが使えるので、事前にトラブルを回避できる

6、データのバックアップを自動でやってくれるので、万一の時にも安心

さらに詳しい情報はこちらから
【禁断の無制限解禁!】ディスク容量無制限で3800円のレンタルサーバー