アフィリエイトという言葉が、広まってきていますが、それでもまだまだ知らない人が圧倒的多数です。

もし、アフィリエイトを知り、やりたいと思ってやったとしてもほとんどの人は稼げないだろうし、稼いでも微々たるものです

なぜ、このように稼げる人と稼げない人がいるのか。それは、アフィリエイトに向いている人と向いてない人がいるからだと思います。

アフィリエイトに向いていない人は、

・コツコツ続けるのが苦手
・1つのことに集中できない
・すぐに落ち込んでやる気を失う
・テクニックばかりを追い求める
・お金を使わずに稼ごうとする
・素直に学ぼうとしない
・チャレンジをしない
・etc

逆にアフィリエイトに向いている人は、

・コツコツと続けるのが得意
・1つのことに集中できる
・落ち込まずにやる気を保てる
・テクニックだけに執着しない
・お金を使い効率的に稼ごうとする
・素直に学ぶ
・チャレンジをする
・etc

私自身はどちらの面も持っています。

ただし、1年間続けても大して稼げない(1000円以下)のであれば、アフィリエイトからは撤退することを考えてもよいかと思います。

なぜなら、たぶんアフィリエイトに向いてないからです。

お金を稼ぐことが目的なら、普通に働いたり、アルバイトをしてほうがよほど早くお金を稼げますし簡単です。

「サラリーマンやバイトは時間を拘束されるから嫌だから、アフィリエイトのほうがいい」

こういう人がいるかと思いますが、アフィリエイトだって同じことです。

1日中パソコンの前で、作業をすることがほとんどだからです。これってある意味拘束ですw。

「サラリーマンやバイトは人間関係が嫌だから、アフィリエイトのほうがいい」

このような人もいると思います。

まあ、アフィリエイトの場合、個人事業なので1人でやれますから、人間関係のトラブルはあまりないですね。

でもその前に人間関係自体があまりないのですから、人間関係トラブルだってほとんどないに決まってるんです。

アフィリエイトで人間関係が少ないのはある意味リスクでもあります。

なぜなら、生活や人生は、人間関係があるからこそ成り立つものだからです。

今は便利な社会で人とそれほど関わらなくても生活を築けるシステムがしっかり構築されているから、人間関係が希薄でも大丈夫ですが、例えば、震災など大きな災害があった時などは、やはり人間関係が大事になります。

また、震災でなくても普段の生活をする上でも人間関係があると、生活を豊かにできます。

ですので、アフィリエイトをする場合も、チームでアフィリエイトをしたり、アフィリエイト以外のビジネスで人と関わるほうがよいかと思います。

私自身は以前、アフィリエイトを薦めることもありましたが、今は積極的には薦めません。

長いことアフィリエイトをやってきて、大変だと思うからです。まあ、どんな仕事でも大変ですけどねw。

これから、ネットの世界の変化はさらに加速するでしょう。

アフィリエイターにとっては、厳しい時代になるかもしれません。また、逆に追い風となる可能性もあります。

この辺は不確かです。

我こそはと思う人は、アフィリエイトに参入してみるといいでしょう。

でも、サラリーマンでしっかり収入を得られているなら、あえてアフィリエイトをしないほうがいいでしょう。

関連記事