アフィリエイトにおけるネガティブキーワードとは、

「○○ 効果なし」

「○○ インチキ」

「○○ 危険」

「○○ 副作用」

「○○ 危険」

「○○ 詐欺」

などのキーワードです。

これらのキーワードで上位表示してアクセス数もそこそこある。

しかし、全く売れない。

これはなぜでしょう?

この原因を知るために、まずこのようなワードで検索する人がどんな人か知ることが大切です。

例えば、

・商品に関心はあるが信じきれてない
・商品をよく知らないので不安
・商品を売っている会社が信頼できない

このような人がネガティブキーワードで検索してくる人ではないかと推測されます。

だとしたら、このような人の不信感や不安をぬぐい去り、さらにその商品のよさを納得してもらわないと、まず売れることはないです。

ですので、

「○○ 最安価格」

など、買う気満々な人に比べると売ることは難しいです。

もし、ネガティブキーワードで検索している人に商品を売るのであれば、

・説得力があり納得してもらえる文章

が必用になります。

公式サイトとか口コミサイトの内容をコピペしただけで売るのはかなり難しいと言えるでしょう。

私であれば、実際に利用してレビューサイトにして紹介をします。

もしくは、自分がレビューできないのであれば誰かに実際に商品を使ってもらい感想とか意見を聞いて記事にするか、利用者に記事を書いてもらいます。

このようにすれば、リアル感があって説得力がある文章を書くことができます。

ただ、私ならネガティブキーワードを使ってサイトは作りません。

なぜなら、ハードルが高いからです。

先ほどのような買う気満々な人が検索するようなキーワードでサイトを作った方が売れやすいので、こちらを使います。

ただ、ネガティブキーワードを使ってサイトを作る競争相手は、ポジティブキーワードを使う人よりも少ないので、上位表示はしやすいのは確かです。

なので、どちらがいいとは言えません。

どちらを選ぶかは、その人の戦略次第ってことですね(*^o^*)。