SSL化の流れが加速してます。

グーグルはSSL化(http→https)したサイトを優遇すると発表しています。

個人のサイトは関係ないと思うかもしれませんが、アクセス増加、インデックスし易さ、グーグルからの評価などを気にするのであれば、SSL化は避けられないでしょう。

でも

「面倒くさそう」

こう思ってしまいますよね?

でも、mixhostを利用しているならとても簡単です(費用も無料ですw)。

なぜなら、独自ドメインを設定した時点ですでにSSL化対応ができているからです。

今回は本サイトをssl化してみました。

mixhostでのSSL化の流れ

手順はこちら。

1、URLの変更

WordPressの管理画面にログインし、メニューの中にある「設定の中の一般」をクリックして一般設定を開き、WordPressアドレスとサイトアドレスの2つのアドレスを

http://www.hoge.com ⇒ https://www.hoge.com

のようにsを1文字を追加する

2、SSL化用のプラグインのインストールと有効化

プラグインの新規追加から「Really Simple SSL」というプラグインをインストールして有効化します。そして、SSL化を有効にします。

このプラグインを入れることで、記事、テーマ、プラグインの中でhttpからhttpsに修正する必要がある箇所を自動で変更してくれます。

*予想ですが、アドセンスとかアフィリエイトリンクなどのコードに関しても、たぶん自動的に変更されていると思います。

また、.htaccessを自動で修正し、httpからhttpsへのリダイレクトもしてもらえます。

どうでしょうか?

至れり尽くせりですよね。

たったこれだけで、SSL化ができてしまいました^^。

これなら、技術的なことが苦手な人でも簡単にできるはずです。

私がこのサイトをSSL化したのにかかった時間は、わずか2~3分ほどです。

ちなみに、心配な人はSSL化の前にデータをすべてバックアップをとっておくといいでしょう(私は何もとってませんがw)。

あと、このプラグインを止めたり、削除してしまうとSSL化はできなくなります。ですので、いったん使い始めたら入れっぱなしです。

新規ドメインを取得して最初から、SSL対応のサイトにする場合は、プラグインは必要ありません。

結局、mixhostの場合、最初からSSL対応になっているのでリスクなくSSL化はできます。

もし、mixhostから他のサーバーに引越しをしてSSL化する場合でも、このプラグインを使うと比較的簡単にSSL化が可能です。

あと、Googleウェブマスターツールを設定している場合、httpsのサイトを2つ(wwwありとwwwなし)追加して、必要な設定(wwwの統一、国の設定、サイトマップ送信)をします。

Googleアナリティクスを設定している場合、httpをhttpsに変更します(プロパティとビューの2箇所)。

たぶん、SSL化に伴ってやることはこれぐらいです。他にもでてくる可能性はありますけど、それほど手間はかからないでしょう、たぶん(*^▽^*)。

*SiteGuard WP Pluginが入っているとうまくいかない場合があるようです(ログインできないとか、httpsがうまくいかないとか)。私の場合、ダッシュボード画面で保護されてないという表示が出てしまいました。いろいろ試したのですが、SiteGuard WP Pluginをいったん停止して有効にしたらうまくいきました。https化する前にこのプラグインを停止して有効にしたほうがいいかもしれませんね。

Related Post