私が所有している多くのサイトに対してSSL化を推し進めています。

ところが、SSL化したのに「i」マークが出てしまうことがありました。

SSL化したら通常、「保護された通信」になるはずですが、

原因を調べるためには、デバッグモードで行います

「i」マークが出てしまう原因と対策

「i」マークが出てしまう原因と対策の手順はこちら。

1、Chromeで「i」マークが出るサイトへ移動

2、F12キーを押してデバッグモードにする

3、Consoleボタンを押す

4、表示されている警告が原因なので、それを改善する

以上です。

私のサイトで「i」マークが出てしまう原因は、利用してるテーマのヘッダーの背景画像がhttpだったためでした。

なので、いったん背景画像を削除して再度設定(同じ画像)したらうまくいきました。

たぶん、背景画像を設定するとデータとして保存されてしまうために「i」マークが出てしまったのでしょう。

SSL化したあとの問題について

SSL化したあとの問題は、「i」マークが出てしまうこと以外には特にありません。

大したことではないかもしれませんが、サイトが表示されるまでの速度が若干遅くなってしまったかもしれません(問題が出るほどではない)。

SSL化するとSSL化に問題がないかをチェックする時間があるので遅くなってしまうのだと思います。

ですが、これは仕方がないですね。

まとめ

SSL化したのに問題が生じる場合は結構あるようです。

ただ、その解決方法はググればだいたい見つかります。

たぶん、今後はレンタルサーバーもSSL化したhttpsが標準になっていくはずなので、わざわざSSL化などしなくても済むのではないかと思います(*^o^*)。

Related Post