mixhostのSSL化をやったのでXserverでもやってみました。

エックスサーバーは、Let’s Encryptに対応した証明書の設定が可能です。自動更新も対応してるため、一度設定するとあとは放置で大丈夫です。

設定に関して。mixhostが超カンタンだったのに対してXserverの場合は時間がかかるし少し面倒でした。

XserverでのSS化の流れ

1、エックスサーバーでSSL化の設定

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしSSL化の設定をします。

メニューの中のSSL設定をクリックすると、独自ドメインのリストが出てくるのでSSL化したいドメインを選択します。

独自SSL設定の追加を選らんで、独自SSL設定を追加する(確定)というボタンをクリックします。

*サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

2、URLの変更

WordPressの管理画面にログインし、メニューの中にある「設定の中の一般」をクリックして一般設定を開き、WordPressアドレスとサイトアドレスの2つのアドレスを

http://www.hoge.com ⇒ https://www.hoge.com

3、SSL化用のプラグインのインストールと有効化

プラグインの新規追加から「Really Simple SSL」というプラグインをインストールして有効化します。そして、SSL化を有効にします。

このプラグインを入れることで、記事、テーマ、プラグインの中でhttpからhttpsに修正する必要がある箇所を自動で変更してくれます。

1以外の2と3は、mixhostのSSL化と同じです。

エックスサーバーで反映される前に2をやってしまうと、ログインができなくなります(httpサイトへのアクセスは可能)。ですので、反映されるまで2をやらないほうがいいです^^。

Related Post